カテゴリーなし

チリワインのブドウ品種

チリワインのブドウ品種まとめ

チリにおけるブドウ栽培の概要

フランスよりワイン造りの技術移転がなされたチリでは、主にフランス系の国際品種が多く栽培されており、全生産量のうちの75%を赤ワイン用品種が占めています。
またもともとはフランスで生まれましたが本国では絶滅してしまったカルメネーレ種が栽培されていることにも注目です。
チリは地中海性気候であり、かつフンボルト海流の影響で涼しい海風が吹き、同じ地中海性気候であるヨーロッパの地中海地方に比べ涼しく、また、国土の東側に連なるアンデス山脈の雪解け水も、栽培に豊かな恵みをもたらしています。
チリワインの歴史は、比較的新しく、19世紀、フランスのブドウ栽培が害虫によって大きな被害を受けた際、遠く離れたチリにおいて、純粋なフランスの苗木が守られたことに始まります。以降、フランスなどからブドウ栽培を求めて移住し、チリにはフランス風の豪華なシャトーが今でも残っています。また、チリが、ワイン主要生産国の一つであるスペインの植民地であったことも、チリにワイン文化を根付かせるようになりました。
また、チリはヨーロッパに比べて一年を通して日照時間が長く、太陽の光を十分浴びて育っていることも大きな魅力である。(イギリスの研究機関が、ワイン及びブドウに含まれるポリフェノールが一番多く含まれるのがチリワインだという研究結果を出しており、これは、日照時間の長さに関係があるとされています。

主な産地は、サンティアゴのマイポゥァレー、中部のラベルヴァレー、南部のマウレヴァレーなどがあり、赤ワイン用ブドウ品種では、カベルネ・ソーヴィニョン、メルローやカルメネール白ワインでは、シャルドネーやセミヨンなど、19世紀にフランスの苗木が残ったこともあり、フランス系の品種が中心となっています。
 

 

主な黒ブドウ品種

 

No posts found.

 

 

主な白ブドウ品種

No posts found.

 

 

 

Leave a Reply