ピノ・ノワール

ピノ・ノワール

赤ワイン ブドウ 品種,

ピノ・ノワールの早見表

分類 黒ブドウ
英語 Pinot Noir
シノニム ピノ・ネロ(イタリア)、ブラオブルグンダー、シュペートブルグンダー(ドイツ)
主な生産地 フランス(シャンパーニュ・ブルゴーニュ)
アメリカ(マールボロ、セントラル・オタゴ、オレゴン州・カサブランカ・バレー)
ルーマニア
突然変異種 ピノ・グリ(Pinot gris)、ピノ・ブラン、ピノ・ムニエ
有名ワイン フランチャコルタジュヴレ=シャンベルタン、ニュイ=サン=ジョルジュ、ヴォーヌ=ロマネ
特徴 軽めのタンニン、強めの酸、フルーティ

ピノ・ノワールの概要

ピノ・ノワールはフランス・ブルゴーニュ地方を原産地とする赤ワイン用ブドウ品種の1つで、時にヴィニフェラとも呼ばれるヨーロッパ・ブドウの系統です。殆ど黒に近い、紫みを帯びた青色の果皮を持ち、主に醸造に使用され、赤ワインを造る代表的な品種の1つです。
また、他の代表的な赤ワイン用品種であるカベルネ・ソーヴィニヨン種と対照的な品種とされており、ピノ・ノワール種を用いた赤ワインは比較的軽めで、渋み、タンニンが少ないためため、カベルネ・ソーヴィニヨン種が上級者向けといわれるのに対し、ピノ・ノワール種は、テンプラニーリョ種と並んで、赤ワイン初心者向けとされることも多く、軽口で飲みやすいものが多いです。

 

 

ピノ・ノワールの特徴

ピノ・ノワールはフランスを代表される赤ワインのブドウ品種ですが、近年日本でも人気があり、ワイナリーも増えています。赤ワインのブドウ品種の中では一番和食に合うと言われているほどでその特徴は、ダシではありませんが旨みがギューっと濃縮されていてとてもフルーティなワインに仕上げるブドウ品種です。
また、イタリア国内では『ピノ・ネロ』とも呼ばれる品種で、イタリア・ロンバルディア州では瓶内二次発酵方式のスパークリングワイン「フランチャコルタ」にブレンドされています。

 

 

 

おすすめのピノ・ノワールワイン

こちらはあの有名な評論家であるロバート・パーカー氏が100点満点を与えたロマネコンティの天才凄腕が造ったピノ・ノワールワインです。
『最高品質のピノで、驚くほどシルキー、継ぎ目のない味わい触感、模範的で、バラの花びら、甘いブラックチェリーのアロマが香り、バランスのとれあ、いつまで飲み続けていたくなるような、調和のとれた感触がある』と評されています。
 

 

 

 

 

関連用語

龍眼,善光寺

龍眼

龍眼は中国に起源を持つ古いヴィティス・ヴィ二フェラ種の白ワイ ...
ラタイ

ラタイ

ラタイは主にオーストリアで栽培されている赤ワイン用ブドウ品種 ...
レースラー

レースラー

レースラーは主にオーストリアで栽培されている赤ワイン用ブドウ ...
ブラウワー・ヴィルトバッハー

ブラウワー・ヴィルトバッハー

ブラウワー・ヴィルトバッハーは主にオーストリアで栽培されてい ...
サンクト・ラウレント

サンクト・ラウレント

サンクト・ラウレントは主にオーストリアで栽培されている赤ワイ ...
ブラウブルガー

ブラウブルガー

ブラウブルガーは主にオーストリアで栽培されている赤ワイン用ブ ...
ブラウワー・ポルチュギーザー

ブラウアー・ポルチュギーザー

ブラウアー・ポルチュギーザーは主にオーストリアで栽培されてい ...